【クリスマスマーケット】フランス・ストラスブールへ

カテゴリー フランス/ France, ヨーロッパ/ Europe, 旅行/ trip

やっとクリスマスイヴの旅行記に追いつきました。。笑

フランクフルト周辺を回って来たのですが、今回はそれに加え、国を越えてお隣のフランスへ。

プラハの記事で友達が登場しましたが、別の友達が日本から会いに来てくれたのです!

 

22日〜25日の予定だったのですが、クリスマスマーケットって、23日くらいでドイツ国内はどこも閉まるんですね…どおりで航空券とか安かったんだよね…

 

しかしいろいろ検索してみると、ありました。

お隣のフランス、ストラスブールは24日もやってる!!

クリスマスツリー発祥の地らしく、大きなツリーが有名なマーケットです。フランスとドイツの国境に位置するアルザス地方の町で、過去にドイツとフランスを行ったり来たりしていた歴史があります。

地図でいうとこんな感じ↓

 

フランクフルトからICE(ドイツの新幹線)直行で2時間で行けてしまいます(^.^)下手に国内行くよりぜんぜん近い!

 

お手軽にフランスが楽しめるということでドイツ人にも人気。

実際、お店の人は仏語だったので「わあ…フランス…(キラキラ)」となりかけましたが、町中でかなりドイツ語を聞いて、ここはドイツかっ!と密かに突っ込んでしまうほどでした。

街中に向かうと、まず見えてくるのが有名なクリスマスツリー!

通りの軒先のクリスマスデコレーションが本当に素敵でした。

少し進むごとに「なんだこれは〜!可愛い〜〜!(カメラを構える)」。

はい、まんまと典型的な日本人観光客です。

 

通りごとに統一された色、装飾。街全体は小ぢんまりしているけれども、どこもかしこもクリスマス一色でキラキラです。

 

歩いていると見えてきたのが大聖堂。さすがにイヴとあって中には入れませんでしたが、圧巻でした!

圧倒的存在感。。

ここがメインのマーケットのようです。マーケット会場がいくつもあって賑わっていましたよ〜

売ってあるものはそんなにドイツと変わらない気が…

 

あ、そうそう。ドイツではグリューワインのマグカップは都市ごとにデザインが違っていて、気に入ったものは持ち帰りできる(陶器orガラス)のですが

チェコやフランスではプラスチックor紙のような、わりと適当なカップで出されていました(笑)

 

どの道を通っても新たな風景に出会うし(方向音痴でしょうか)、

どこを切り取っても絵になるような、可愛らしい町でした。

 

クリスマスの時期に行けたのが本当に幸運だったと思います!そして可愛さを分かち合える友人もいてくれて本当にありがたかった!

 

パティスリーはどこもお客さんがいっぱいでした。みんなのお目当はブッシュ・ド・ノエル。

もちろんわたしたちも買って帰りましたよ:)

可愛いのがいっぱいあって悩むのすら楽しかったです。。

 

保冷剤なんてないだろうなと思って英語で聞いてみたけど、案の定「は?」という顔をされたのでそのまま。笑

無事でした〜〜

チョコレートムースが3層になっていて、本当に美味しかったです。女子3人でペロリでした、南無。

 

クリスマスマーケットは今回、チェコとフランスに行けたのですがどちらもドイツとの違いが見えて、面白かったです。

もっとヨーロッパ旅しよう!と思わせてくれたクリスマス小旅行でした!

 

 

ドイツの様子を呟いているTwitter:@shiorisomewhere

日々の写真を更新中、instagram:@15rosie

お問い合わせ:shiori.sakaguchi.15@gmail.com

こんにちは、しおりです。ヨーロッパが好きすぎて、新卒OLを2年で辞めドイツでフリーランス始めました。
主に翻訳(英⇄日)、ライター、ときどき写真も撮ります。食べることと音楽と映画と、とりあえず多趣味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA