【インディーズ紹介】パリ発、フレンチエレクトロポップ!Alice et moi

カテゴリー フランス/ France, ヨーロッパ/ Europe, 海外/ foreign countries, 音楽/ music

こんにちは、しおり(@shiorisomewhere)です!

 

早速ですが、みなさんはフレンチ・ポップ(French Pop)をご存知ですか??日本にJ-POPがあるのと同じように、フランスにもフレンチ・ポップがあります。

 

フランス語の歌って、普段生活してても聞くことは少ないと思いますが、そろそろ新しい感じの曲が聴きたいな~という方へ、新進気鋭のフレンチ・エレクトロポップ・バンド Alice et moiをご紹介します。(読み:アリス・エ・モア。直訳すると、アリスと私)

 

f:id:shiorisomewhere:20171006035609p:plain

(画像引用:http://ladistilleriemusic.com/video-alice-et-moi-lelectro-pop-dont-vous-avez-besoin-au-printemps/

 

現在のバンド構成は、ボーカルのAlice、ギター兼ベースのIvan、ピアノのJB柔らかい歌声、フランス語の音、エレクトロのリズム感全てが心地いいです。

彼女のMVはエモーショナルでストーリー性があり、映画を見ているような気分になります。文章よりもまずは見てみてください!(笑)

この曲名 Cent Fois(100回の意)について、作曲はIvan、歌詞はAliceが書いたとのこと。歌詞をまとめると、「一緒にいるべきか別れるか、愛、暴力、浮気など、自分でも何が欲しいのかわからない気持ちを表現した歌」。 

なんだかすごくパリジェンヌらしさを感じます。Aliceだからこそはまった歌、そしてパリジェンヌだからこそ表現できたMVではないでしょうか。

 

そして10/4(一昨日!)に、彼らの新しいMV、Filme Moiが公開されました!彼らのMVは数こそ少ないですが、毎回ビジュアルがパワーアップしているのを感じます。

 

今回、Filme Moiやバンド活動について、Aliceにインタビューできました〜!!(拍手!)

 

Filme Moiはどんなことを歌った歌?

「Filme Moi=英語で Film me。好きな人へ私のことを見て欲しい、撮って欲しい、という気持ちを歌っているの。どうしても思い出として残したいのと、忘れられないように。」

 

歌詞のインスピレーションはどこから来るの?

「現代社会での普段の生活、その中で生きることの複雑さ、そして若い人(ミレニアル世代)。私にも弟たちがいるけれど、いつも彼らには興味津々なの。彼らって常に、伝えたいことがたくさんあるでしょ。あとはもちろん、愛!」

www.instagram.com

 では、メロディのインスピレーションはどこから?

「たくさんの音楽、他のアーティストの曲を聞くこと。これはどんな曲を作りたいのか、逆にどんな曲を作りたくないのかを明確にするため。音楽が降りてくるようにするためでもあるけどね!(笑)」

 

www.instagram.com

 日本で曲を初めて聴く人たちに、メッセージを!

「この曲は、すごく努力して作り上げた結果です。所々完璧ではないかもしれないけれど、私はベストを尽くしました。私が伝えたいのはピュアでリアルなものを作りたかったのだということ。曲に乗せて踊ってもいいし、感傷に浸るのもいい。」

「曲には、悲しさと幸せな感情を混ぜるのが好きなの。大人になると感じる、ビタースイートな感情のことよ。生きているって感じがするから。」

 

www.instagram.com

 私とアリスは15歳の時にイギリスのインターナショナル・サマースクールで知り合いました。その後連絡を絶っていたのですが、4年ほど前、彼女が歌手として歌っているMVを送ってくれたのです。

「何これ、かっこよすぎる。。。!!!!」

思わず連絡せずにはいられませんでした。それからは彼女のファンとして応援しています。

友達としてももちろん好きですが、純粋にアーティストとして音楽もMVの世界観も大好きなんです。毎回こんなに私の中で大ヒットを連発するアーティストはいません(笑)

 

こんなにかっこいいのに、知られていないのはもったいない。是非みなさん聞いてください。

フランス在住の方は、ライブ情報はFBでチェックできるので是非:)私もいつか行きます、絶対・・・!

 

Facebook – Alice et moi
・Instagram

www.instagram.com

Alice et Moi (@Aliceetmoii) | Twitter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA