ドクメンタへ行ってきました、レポ後編(Friedrichsplatz&Fridericianum)

カテゴリー アート/ art, ドイツ/ Deutschland, 旅行/ trip

どうも〜しおり(@shiorisomewhere)です!

さてさてドクメンタレポ、後半分も公開します。

 

Friedrichsplatz

webで情報をチェックしていると、どうやらパルテノン・オブ・ブックスの本はもらえるらしいことが判明!

どうしても欲しかったので、列に並びました〜

精一杯ズームしてこれくらいですが、本がびっしり・・・

降り出した雨の中、30分くらい並びました。

えっと、、、雑!!!!!

冊数の制限はないようでした。英語の本を探し出して、無事ゲット( ´ ▽ ` )やった〜〜〜〜

 

サリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」です!

え、ポール&ヨナス?待ってくれた上に写真撮らせましたすみません!笑

 

満足したので、ギャラリーに戻ります。

 Fridericianum

 

↑この作品、すごく好きでした。風景写真かと思いきや。。。(下に続く)

手前の大きな黒いテーブルを違う角度から写しているだけなのです。

 

↑機織り機は心電図を織りなし、(下へ続く)

ベッドカバーへ。

 

 

↑1948年と2000年に、イスラエルにより破壊されたパレスチナの418の村へのメモリアル。テントには名前が刺繍してありました。

↑刺繍途中の部分も。ボランティアで刺繍した人の名前リストが横にあり、日本人らしき名前を何人か見かけました。

 

↑Rena Papaspyrouによる作品。ギリシャ・アテネの道で拾った素材、捨てられた家の壁の一部などを使ったアート。彼女にとって、街はアートの実験の場であるだけでなく、素材・コンセプトが生まれる場所

↑スペインの画家、ゴヤの有名な絵ですね!!

 

ここで私はタイムアップでした!

 

なんだか不思議な縁で出会ったポール&ヨナスともまた会えるかな〜元気でね〜ciao!と案外あっさりお別れして、帰りのバスへ。

バスは1時間遅れで到着でしたが(ドイツらしい)、帰りは大きな虹が出ていました。

Someday over the rainbow

Shioriさん(@15rosie)がシェアした投稿 –

 

ドクメンタレポ、ほとんど写真になりましたが、いかがでしたか?

私が訪れたのは14-15日で、さすがに最終週とあって人が多かったです。

こんなに大きな芸術の祭典に参加したのは初めてでしたが、ナチスなど政治的な意味合いを含んだもの、子どもの飢餓を訴える作品もあり、「アートの強さ」を感じました。

 

例えばインスタグラムの流行然り、言語よりも視覚で訴えることが重視されてきている今、人の心に訴えかけるのに一番強い言葉を持っているのはアートです

 

さらにドクメンタで感じたことは、アート=敷居の高いものではないこと。街をあげて楽しんでいる印象を強く受けました。

観客も、私のような一般客がほとんどだったと思います。

私はアートの知識はほとんどありませんが、すごく楽しむことができました。

 

例えば、「え、これチョークで丸描いてるだけじゃん・・・私にも描ける・・」とか思うものも中にはありましたが(失礼)、全部分かろうとしなくてもいいのだと思います。分からないものは分からないで良いんです、きっと。笑

 

こう思えたのも、ヨナスがチョークの丸を見ながら、「これ、なんていうか・・・見とれちゃうね」とにやっとしながら呟いたからでした。

驚いて「えっ、これが好きなの?」と聞いたら「ハハッNO〜〜〜〜」と言われました。それで、「なんだ、この人たちも分かってないんだ!じゃあいっか」と思えたのです。

 

日本では・・・というか少なくとも私のいた福岡では、教科書に載っているような絵はたまに観に行く機会があっても、現代アートは全く身近ではありませんでした。

 

でも現代アート、本当に面白いし、それはもう右脳が刺激されまくりました。私は今回「あ、そういう発想か〜」とか「見てこれ!面白いよ!」とかそういうことばっかり口にしていた気がします。笑

 

何はともあれ、今回ドクメンタを経験できて本当に良かったです。

次の開催は5年後。その頃には私は少し成長して、チョークの丸に感動しているかもしれません。

 

こんにちは、しおりです。ヨーロッパが好きすぎて、新卒OLを2年で辞めドイツでフリーランス始めました。
主に翻訳(英⇄日)、ライター、ときどき写真も撮ります。食べることと音楽と映画と、とりあえず多趣味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA