グリム童話のメルヘンなお城は実在した!?ドイツの古城を巡ってみた

カテゴリー ドイツ/ Deutschland, ヨーロッパ/ Europe, 旅行/ trip, 海外/ foreign countries, 海外旅行/ travelling abroad

今回はちょっと普通の旅に飽きた皆さんにオススメ(女子 or 女子寄りな男子向け)、ドイツのメルヘン古城を紹介します!

 

グリム童話といえば、ディズニーのリメイク版を思い浮かべる方も多いかと思いますが、もともとは、古くからドイツに伝わる民話をドイツ人のグリム兄弟が文章に起こして本にまとめたもの。メルヘン街道上には多くの童話のモデルになった場所があります!

 

今回は去年9月に実際に訪れた中から、

眠りの森の美女ラプンツェルのお城をピックアップします〜!!

 

眠りの森の美女のモデルとなった古城

ザバブルク城 (Schloss Sababurg)

f:id:shiorisomewhere:20170725005234j:plain

9月はシーズンオフで、あまりバラが咲いてないので唯一のバラスポットから撮影(笑)

山っていうか、丘の上にありました!遠くから見るとこんな感じ

f:id:shiorisomewhere:20170725010153j:plain

 

チケットとかパンフレットも凝ってました!ちょっと絵が怖かったけど。写真撮り忘れた。。すみません。。

チケット売り場で硬貨を渡されました。「庭に井戸があるの。これを投げてお願い事をしてね」とのこと!すごい〜叶ったかどうかはご想像にお任せ(笑)

 

ここで簡単に『眠りの森の美女』のあらすじです

  • 王国にお姫様が生まれ、祝いの席に1人だけ招待されなかった魔女が怒る
  • 魔女「15歳になったら紡ぎ車の針に姫の指が刺さって、城のみんなが呪いにかかるよ!」
  • 結果そうなっちゃう→100年眠り続け、城のいばらが生い茂り、誰も近づけない
  • 王子が通りかかり、村人から美しい姫がいるらしい噂を聞きつける
  • 王子「そんなに美しいのか。見てみたい」
  • 城に近づくと呪いが解け、いばらが道を開ける
  • 王子がお姫様にキスをすると目を覚まし、2人は恋に落ちて、その後ずっと幸せに暮らしましたとさ。。。完

えっ王子全然苦労してないやん、と何か腑に落ちないですが。

ぐるっと裏に回ると。。

f:id:shiorisomewhere:20170725013253j:plain

 何もない。い、潔いですねっ

塔には登れます。

f:id:shiorisomewhere:20170725014048j:plain

 すんごい逆光ですが私の頭上が眠り姫が眠ってたところ!とのことでした〜階段なかったけど昔はハシゴとかあったのかな

 

f:id:shiorisomewhere:20170725015323j:plain

なんか可愛い

 

f:id:shiorisomewhere:20170725015446j:plain

バラモチーフとか。こういうディテール好きです!!

 入り口に戻ってきました。

f:id:shiorisomewhere:20170725014835j:plain

さっきのとは違う建物です。こっちはホテル・レストラン!レストランにはいばら姫に関連したメニューもあるとか!気になる。。

周りは本当に山でした。ゆっくりできそう。お隣というか、下に見渡す景色の中にはものすごーーーい広大な動物園があります。馬やロバが草を食んでいて、癒しの景色です。

 

空室確認はH.I.S.を通してできるっぽいです〜

hotels.his-j.com

 

続いていきます!

ラプンツェルのモデルとなったお城

トレンデルブルク城 (Schloss Trendelburg)

f:id:shiorisomewhere:20170725030055j:plain

ここも山の中です!

f:id:shiorisomewhere:20170725031541j:plain 

 猫も気品がある。。気がする。

テラスカフェで休憩しました

f:id:shiorisomewhere:20170725031827j:plain

 カフェメニューがまた可愛い。パフェの名前がシンデレラ、白雪姫など。。もちろんそこはラプンツェルで!

f:id:shiorisomewhere:20170725031847j:plain

テンション上がります〜本当に可愛い。。

 

では簡単にあらすじいきます

『ラプンツェル』

  • あるところに夫婦がおり、奥さんはお腹に子どもがいた。
  • ある日奥さんはお腹が空いて隣に住む魔女の畑のものを盗んで食べてしまう→魔女激怒
  • 魔女は女の子が生まれるや夫婦から連れ去り、塔に閉じ込める。いつも髪の長いラプンツェルに髪を下ろしてもらって塔に登る
  • 王子登場、2人は恋に落ち、駆け落ちしようとするも魔女にバレる→魔女激怒(2)
  • 王子はラプンツェルと引き離され、山奥でさすらいながら生活
  • 月日が経ち、ラプンツェルの住む荒れ果てた地へ王子が迷い込んで再会。王子が国に連れ帰り、末長く幸せに暮らしましたとさ!完

やっぱりディズニーとはだいぶ違いますね。。

 

さあラプンツェルが閉じ込められていたという塔にも登りますよ

f:id:shiorisomewhere:20170725033457j:plain

f:id:shiorisomewhere:20170725032750j:plain

ちゃんと髪の毛が伸びてます!!

 

f:id:shiorisomewhere:20170725033120j:plain

上からの景色。さっきのいばら姫のお城と違って、こちらは小さい集落の中に立ってる感じです。素敵が過ぎるよ。。。

 

あと、実はここもホテルです!!

f:id:shiorisomewhere:20170725031617j:plain

裏にレストランもありました!

f:id:shiorisomewhere:20170725033815j:plain

 

ここは人気が高いようです!booking.comで出てきました〜

www.booking.com

 

 実は眠り姫のお城とラプンツェルのお城は近いです。12kmくらいなのでタクシーに乗ってしまえばなんと15分ハシゴしても半日くらいで観光できちゃいます!!

 

カップルもいいけれど、女子旅が盛り上がりそうですね〜!ただ可愛いだけではなくて、地元の人に古くから愛されている歴史あるお城なので、歴史好きにもオススメですよ!

 

行き方としては、フランクフルトからカッセル(電車3h)→カッセルからホーフガイスマール(電車30分)→ホーフガイスマールからタクシー という感じみたい。

 

ドイツはガイドブックが他ヨーロッパ諸国に比べて少なく、ツアーにしても他国と組んであることが多いみたいですね。。。このブログで少しずつでも見どころを載せていけたらいいなあと思います。ドイツのかっこいいものは既に知られているので、私は可愛いもの発信側でいきます

 

ではではっ

 

 ツイッターしてます ^.^ →@shiorisomewhere

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA