f:id:shiorisomewhere:20170627215438j:image

最近身の回りの人に「ドイツ行くんです〜」と言ったら、よく聞かれるのが、

「へー、ワーホリ!何でドイツ?語学勉強?会社は?」

大体これです。

 

働くようになって、ずっと考えてきたこと。

 「この仕事、合ってないなあ」

それでも続けたのは、よく聞く「取り敢えず3年」に惑わされたこと、福岡で英語を使う仕事を新卒では見つけにくかったこと、待遇と環境の良さetc.理由は挙げようと思えばいくらでもあります。

 

大学を出たら自立して生活したかったので、就職しない手はありませんでした。

探せば道はあったんだろうけど、交換留学から6月に帰り、周りが半分くらい内定もらっている中焦りもありました。

そこで奇跡的に1番合っていると思った企業に内定を頂いて就職に至ったわけです。

 

働く上でのマナーは一から教えて頂いて身に付いたし(最初は意図せず問題児となってしまい、上司を困らせていました…笑)、業界自体には興味があったので、働いた上での後悔はありません。

 

でも、留学時代の海外の友人や、パーティで知り合ったりする外国人ってなかなか刺さる質問をしてくる……

 

「仕事、楽しい?」

 

何故かいつも、「楽しいかどうか」を聞いてくるんです。そこでいつも、うっ、となる。

もういいや開き直ろう!

「つまんないよ。毎日pcの前に座って、書類のチェックばっかりしてるの!」

すると、

「へぇーそっか…」

という大体予想つく反応をされるので、逆に聞き返すと結構色々話してくれるんです。

そもそも日本が好きな人が多く、そこで○○の仕事が出来て楽しい、と目をキラキラさせて話してくれます。

 

仕事って何なんだろう、辛いことがない仕事なんて無いのは分かってても、楽しい仕事って何だろう。

ぐるぐる考えては本にヒントを求めたり、人と話したりするうちに、とあるブロガーの存在を知ります。

 

wasabiさん。新卒でフリーランスとして働き、翻訳・ライター・ブロガーなど幅広く活躍するベルリン在住の女性です。

1つしか歳が変わらないのに、全然違う世界を生きてる人だなあ、面白いなーと思っていました。イギリス留学も経験されてるそうで、共通点もあり、よくブログを読むようになりました。気になる方はここから!

 

そこからインターネットを通じて、とあるドイツ人と出会いました。彼やその友人たちと遊ぶのはとても楽しくて、自分の中で圏外だったドイツ(失礼 笑)に興味が湧いて来ました。

ドイツ人の温厚な性格、ガツガツしてないところを見てると、「ドイツ人と日本人、似てるかも…」と思うことも多かったです。

 

そこで夏休みの1週間、ドイツへ行くことにしました。当時の彼の実家に泊めてもらい、普段の生活を見ていく中で、だんだんそこでの生活にも惹かれていきました。

 

玄関で靴を脱ぐこと(これは家によって違うらしいですが!)。清潔でホコリひとつないキッチン。私がいる場では、英語で会話してくれる家族の心遣い。親戚総出の誕生日パーティにも参加させてもらって、1人アジア人の私を「ようこそ」と迎えてくれる暖かさ、というかゆるさ。笑

 

皮肉や思ったことは割とはっきり言ったりするし、ある朝なんか、ご飯の後に日本の原発の話を切り出されて驚いたこともありましたが笑、普段は少しシャイで温厚なところに、とても居心地のよさを感じました。

 

旅行中色々な所へ連れて行ってもらって(車があって本当助かった〜アウトバーン運転してもらいっぱなし。。笑)、その中の1つが、共通の友人がいたLeipzig。今度住む街です。

 

1日しか滞在してませんが、一目惚れしました!チェコが近いからか、建物が似てるんですよね。友人の家は、白地の壁に華奢な黒のバルコニー付きで、入口の大きい木製のドアに綺麗な彫刻がされているような所。

 こんなところに住みたい!とその時は軽く言いました。

 

まあその後、彼とは色々ありましてー泣

帰国し、色んな人と会ってみよう、と思って男女問わず出会い期間を作りました。Tinder使いましたし笑、他にも観光案内、パーティに参加もしました。

 

そこで大勢の人とそれは色んなことについて話しました。違う歳で違う国から、それぞれの理由で日本にいること。それぞれの過去の辛い経験、日本で経験した奇妙なこと、それぞれの日本が好きな理由、学業や仕事、仕事を頑張ったからこそ出来た世界旅行の話などなど。

 

 そこで立ち返るのが、じゃあ自分はどうする?私は何がしたい?

 

大好きなヨーロッパに住みたい。好きなことを仕事にしたい。フリーランスで翻訳/ライター業をしてみたい。

 

答えは、最初から変わりませんでした。資金的にみても、今なら大丈夫そうだと一歩踏み出すことにしました。

 

ドイツに決めたのは、主に

  •  Twitterなどwasabiさん繋がりでベルリン在住のフリーランサーの方を多く見かけたこと、その人脈の中に自分を置いてみたいと思ったこと
  • ワーホリビザが取りやすいこと
  • 去年の旅行で何となく感じがつかめたこと
  • 若者だったら英語ペラペラなこと

…があります。 

 

ワーホリ行くと決めた時、まずはLeipzigの友人に伝えました。

「家は決まった?近くの友達が3ヶ月不在にしてて、借りてくれる人を探してるの。どう?」

条件も良すぎたので、ほぼ即決!!笑

 

決まる時はぽーんと決まってしまうもんですね。。一目惚れした街に住めるなんて夢みたいです。

 

正直に言えば、躊躇してしまいそうな時もありました。そんな時は自ら後ろに引けないようにしました。社長に退職すると伝えたし、SNSで発表してしまったし(笑)

 

もう前に進むしかありません、残念ながらNO OL ブランド ANYMOREです〜🙋🏻

 

安定した収入を得て、定時に帰って、友達と遊んで、習い事して、っていう生活も悪くなかったけど、今すごい生きてる感じがします。

 

わたしはこれから何が出来るのか、誰と出会って、何を得るのか。

 

未知数です。コテンパンにやられて帰ってくるかもしれません…その時は励ましてください…(笑)

 

そんな感じです!

 

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。出発まではまだ意外と時間があります。

しっかり準備していかなきゃですね。。(1番苦手)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA